3/01/2012

【過去の記事】2011年は人類の精神の進化が本格的に始まる!



┏━━====================━━┓
★☆ 2011年は人類の精神の進化が本格的に始まる! ★☆ 
┗━━====================━━┛

私は10年前にダイオキシンの公害問題で活動する事があったのですが、ダイオキシンで汚染された地域住民に勉強会と称して国から使命された御用学者がダイオキシンなんて安全だと講演されるんですよ。

国内でも海外でも最強の毒物として厳しい環境基準を設けていた物質が高濃度で発見されたら、国立大学の先生が出てきて「それは安全です。」と「じゃぁ、どうしてその基準が出来たの?!どうして存在するの?」

「ど の程度の危険性があるのか、逃げないといけないのか安心して暮らせるのか否か」そんな真実が知りたい子どもを連れたお母さん達にに対して、権力に曲げられ た?意見を述べる学者さん。 私はその時に住民側に立って協力してくださった学者さんやジャーナリストからいろいろな情報を教えていただきました。

今、「まったく同じ矛盾が起きているなぁ」と原子力発電所のニュースを見て思います。

被災地域の方々やかなり離れていても影響を心配されている方々は、さぞハッキリわからない灰色の状態にいらだちを感じていらっしゃることと存じます。

風評被害もそのような安全かそうでないかがはっきりしないから、不安があおられて発生しているのです。隠すから心配になるのです。

しかし、今回の未曽有の大災害は発生した時期からみて【人類の精神の進化】を促すために発生してしまった出来事なのです。
このつらい出来事がきっかけになり多くの人々に精神的な変化がどんどん始まっています。


私の周りでも急に【気付き】が起きて、スピリチャルの能力が開花した人、本当の自分を発見して生き方を変化させた人、また、ライトワーカー同士の結び

付きのスピードも加速してきています。

今までとは少し様子が違うようです。原子力を推進してきた学者や推進派だった人の中にも考えの変化が少しずつ起きていると聞きます。


4月29日にも学校の校庭の利用基準値の1~5ミリを20ミリに変更する事で、内閣官房参与をされていた東大の小佐古教授が「この数値を幼児に適用することは、学問上からのみならず受け入れられない」と涙の辞任の記者会見をおこないました。

政府も脂汗をかきながら「直ちに・・・・」ばっかり言わないで、早く気づいて10年後、20年後を考えて対処してほしいものです。進化してください!

占星術的に見るとどうでしょうか? 依然T字スクエアの緊迫した星の配置です。
90度、180度は占星術的に非常に悪い状態です。
そして、T字の軸になっている星は冥王星です。

冥王星はプルート(冥界を司る神)であり、プルトニウムの語源です。意味は破壊と再生となります。恐ろしいほど天と地がシンクロしていますネ

0 件のコメント:

コメントを投稿

Blogger Random – Recent – Specific Label Posts Widget – All in One Post Feed Widget